2節 輸血料

920輸血
 →通知

1 自家採血輸血(200mLごとに)

イ 1回目   750

ロ 2回目以降 650

2 保存血液輸血(200mLごとに)

イ 1回目   450

ロ 2回目以降 350

3 自己血貯血

イ 6歳以上の患者の場合(200mLごとに) 

1 液状保存の場合 200点 

2 凍結保存の場合 400

ロ 6歳未満の患者の場合(体重1kgにつき4mLごとに)

1 液状保存の場合 200点 

2 凍結保存の場合 400

4 自己血輸血

イ 6歳以上の患者の場合(200mLごとに)

1 液状保存の場合       750点 

2 凍結保存の場合     1,500

ロ 6歳未満の患者の場合(体重1kgにつき4mLごとに) 

1 液状保存の場合       750点 

2 凍結保存の場合     1,500

5 交換輸血(1回につき) 5,250

1 輸血に伴って、患者に対して輸血の必要性、危険性等について文書による説明を行った場合に算定する。

2 自家採血、保存血または自己血の輸血量には、抗凝固液の量は含まれないものとする。

3 骨髄内輸血または血管露出術を行った場合は、所定点数に区分番号404に掲げる骨髄穿刺または区分番号606に掲げる血管露出術の所定点数をそれぞれ加算する。

4 輸血に当たって薬剤を使用した場合は、薬剤の費用として、第4節に掲げる所定点数を加算する。

5 輸血に伴って行った患者の血液型検査(ABO式およびRh式)の費用として所定点数に48点を加算する。

6 不規則抗体検査の費用として検査回数にかかわらず1月につき所定点数に200点を加算する。ただし、頻回に輸血を行う場合にあっては、1週間に1回を限度として、所定点数に200点を加算する。

7 HLA型適合血小板輸血に伴って行ったHLA型クラスO(A、B、C)またはクラスO(DR、DQ、DP)の費用として、検査回数にかかわらず一連につきそれぞれの所定点数に1,000点または1,400点を加算する。

8 輸血に伴って、血液交叉試験または間接クームス検査を行った場合は、1回につき30点または34点をそれぞれ加算する。

9 6歳未満の乳幼児の場合は、所定点数に26点を加算する。 

10 輸血に伴って行った供血者の諸検査、輸血用回路および輸血用針は、所定点数に

含まれるものとする。 

11 輸血に伴って、血液を保存する費用は、所定点数に含まれるものとする。



9202輸血管理料
 →通知

1 輸血管理料T 200

2 輸血管理料U  70

注 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方社会保険事務局長に届け出た保険医療機関において、輸血を行った場合に、月1回を限度として、当該基準に係る区分に従い、それぞれ所定点数を算定する。



921移植骨髄穿刺(一連につき) 16,600
 →通知

注 骨髄提供者に係る骨髄採取、組織適合性試験および骨髄造血幹細胞測定の費用並びに骨髄提供前後における健康管理等に係る費用は、所定点数に含まれる。



922骨髄移植
 →通知

1 同種移植            57,200

2 自家末梢血幹細胞移植 30,000

3 同種末梢血幹細胞移植 55,000

4 自家造血幹細胞移植  25,000

1 骨髄移植において同種移植を行った場合は、骨髄採取のために要した提供者の療養上の費用として、この表に掲げる所定点数により算定した点数を加算する。

2 骨髄移植に当たって薬剤を使用した場合は、薬剤の費用として、第4節に掲げる所定点数を加算する。

36歳未満の乳幼児の場合は、所定点数に26点を加算する。

4 骨髄移植に当たって使用した輸血用バッグおよび輸血用針は、所定点数に含まれるものとする。

5 骨髄移植者に係る骨髄採取、組織適合性試験および骨髄造血幹細胞測定の費用は所定点数に含まれるものとする。

6 同種末梢血幹細胞移植に用いられた末梢血幹細胞に係る組織適合性試験の費用は、所定点数に含まれる。



9222臍帯血移植 44,300
 →通知

1 臍帯血移植に当たって薬剤を使用した場合は、薬剤の費用として、第4節に掲げる所定点数を加算する。

2 6歳未満の乳幼児の場合は、26点を加算する。

3 臍帯血移植に当たって使用した輸血用バッグおよび輸血用針は、所定点数に含まれるものとする。

4 臍帯血移植者に係る骨髄採取、組織適合性試験および骨髄造血幹細胞測定の費用は所定点数に含まれるものとする。

5 移植に用いられた臍帯血に係る組織適合性試験の費用は、所定点数に含まれる。



923術中術後自己血回収術(自己血回収器具によるもの) 4,500
 →通知

1 併施される手術の所定点数とは別に算定する。

2 使用した術中術後自己血回収セットの費用は、所定点数に含まれるものとする。




3節 手術医療機器等加算

930脊髄誘発電位測定加算 3,130
 →通知

注 脊椎、脊髄または大動脈瘤の手術に当たって、脊髄誘発電位測定を行った場合に算定する。



931超音波凝固切開装置等加算 3,000
 →通知

注 胸腔鏡下または腹腔鏡下による手術に当たって、超音波凝固切開装置等を使用した場合に算定する。



932創外固定器加算 10,000
 →通知

注 区分番号046および058に掲げる手術に当たって、創外固定器を使用した場合に算定する。



933イオントフォレーゼ加算 45
 →通知

注 区分番号300および309に掲げる手術に当たって、イオントフォレーゼを使用した場合に算定する。



934副鼻腔手術用内視鏡加算 1,000
注 区分番号349から365までに掲げる手術に当たって、内視鏡を使用した場合に算定する。



935止血用加熱凝固切開装置加算 700

注 区分番号476に掲げる手術に当たって、止血用加熱凝固切開装置を使用した場合に算定する。



936自動縫合器加算 2,500
 →通知

注 区分番号5115135145142517529531から5322まで、6556552655465765727027037112716719719271937357353739から7402まで、803および8173に掲げる手術に当たって、自動縫合器を使用した場合に算定する。



9362自動吻合器加算 5,500
 →通知

注 区分番号529531から5322まで、6556552657657270270371122739から7402まで、803および8173に掲げる手術に当たって、自動吻合器を使用した場合に算定する。



9363微小血管自動縫合器加算 2,500
 →通知

注 区分番号017および020に掲げる手術に当たって、微小血管自動縫合器を使用した場合に算定する。



937心拍動下冠動脈、大動脈バイパス移植術用機器加算 30,000

注 区分番号5522に掲げる手術に当たって、心拍動下冠動脈、大動脈バイパス移植術用機器を使用した場合に算定する。



938体外衝撃波消耗性電極加算 3,000
 →通知

注 区分番号678および768に掲げる手術に当たって、消耗性電極を使用した場合に算定する。



939画像等手術支援加算
 →通知

1ナビゲーションによるもの       2,000

注 区分番号131131−2134−2142142−31512158161167169から172まで、1741191から193まで、235236313314342343349から365までに掲げる手術に当たって、ナビゲーションによる支援を行った場合に算定する。

2 実物大臓器立体モデルによるもの 2,000

注 区分番号1321361422151−216218022823623731331424062427−2434436から444までに掲げる手術に当たって、実物大臓器立体モデルによる支援を行った場合に算定する。

























4節 薬剤料

940薬剤 

薬価が15円を超える場合は、薬価から15円を控除した額を10円で除して得た点数につき1点未満の端数を切り上げて得た点数に1点を加算して得た点数とする。

1 薬価が15円以下である場合は、算定しない。

2 使用薬剤の薬価は、別に厚生労働大臣が定める。




5節 特定保険医療材料料

950特定保険医療材料 材料価格を10円で除して得た点数

注 使用した特定保険医療材料の材料価格は、別に厚生労働大臣が定める。